永久脱毛とは

【必見!】永久脱毛経験者の体験談 満足した人・後悔した人

両手を頬によせポーズをとる女性

永久脱毛は高い効果を持つ施術で、脱毛を望む男女から選ばれています。気になるのが実際のところ、経験者は効果に満足しているのかどうかという点ではないでしょうか。同時に、施術を受けたことで後悔をしている人はいないのかについても知りたいところです。体験者はどのような感想を抱いているのか、永久脱毛のリアルを追っていきます。

永久脱毛

そもそも永久脱毛はどのような特徴を持っているのでしょう。定義としては、最後の施術が完了後の1ヶ月時点で、毛の再生率が20%以下であることとされ、この条件を満たすことができる施術を永久脱毛と呼びます。どういった施術が該当するのかと言えば、レーザー脱毛とニードル脱毛の2通りの方法が挙げられます。これらの施術は医療機関で受けることができ、他の施設では基本的に取り扱うことはできません。脱毛方法としては他にも、エステの光脱毛といった選択肢もありますが、レーザーやニードルのような高い効果はありませんので、永久脱毛と呼ぶことはできないのです。したがって永久脱毛を希望するのならば、医療機関へと相談に行くほかないということになるでしょう。
なぜレーザーやニードルは永久脱毛が可能なのかというと、理由は高い出力によって毛の細胞から破壊することができる施術だからです。医療施設ならではの高出力のマシンを用いるため、ムダ毛の再生能力を効果的に奪うことができるのです。それによって再発毛をさせることなく、脱毛状態をずっとキープすることができます。なお、細胞までも破壊するほどのパワーを持つ施術ですので、れっきとした医療行為に分類されています。こうした理由もあり医療機関以外での永久脱毛は禁止されているのです。

永久脱毛を体験した人は満足している?実態を大調査!

海きたーー!とはしゃぐ美少女
永久脱毛を受けた人はどんなところに満足しているのでしょう。体験談から分かることとしては、効果の持続性を実感している人が多いようです。そもそも永久脱毛を受ける人は、ムダ毛を金輪際、生えさせたくないという想いで選択している人が殆どです。例えば自己処理をしている場合は、いくらお手入れをしても、生えなくすることはできず、繰り返し行う必要がある煩わしさにストレスを感じている人も少なくありません。そうした手間を解消するために永久脱毛を選択する人が多く見られ、その期待通りの効果を実感している人が、体験談からも多くいることが分かるのです。
スピーディーに脱毛が完了したことに喜ぶ体験者も見られます。基本的に、医療機関だろうとエステだろうと脱毛を完了させるには長い期間が必要です。期間は施術の内容次第で違ってくる部分もあるのですが、1年半~2年半くらいの期間は見ておかなければいけません。特に長い時間を要してしまうのがエステの脱毛で、効果の出方がマイルドゆえに回数が多く必要となります。逆に短い期間で済むのが医療機関です。効果が高い分、全体の回数が少なくて済みますので、エステよりもスムーズに脱毛を終えることが可能です。時間を掛け過ぎると途中で通うのが面倒になるという人もいるようですが、医療機関なら比較的手軽に脱毛を完了させることができ、尚且つ高い効果もあって満足の声が多くあるのです。

脇汗で後悔している人は多い

脱毛を受けた女性の脇イメージ
体験談の中では後悔をしている人の存在も確認できます。脇汗が増えたというのが後悔の理由として挙げられ、脱毛をする前よりも汗が気になるようになったり、シャツにシミができやすくなったりしたという人もいるのです。
脱毛が原因で汗が増加するケースは実際にあるようで、原因のひとつが施術時の刺激です。例えばレーザーを照射すると、強い光が汗腺を刺激して分泌が活性化することもあると言われています。ただ、これは一時的な効果にしか過ぎず、しばらくすると元に戻ります。
脱毛によりムダ毛がなくなったのも汗が増加したように感じる理由です。体毛が生えている時には汗がそこでストップしていたために気になることはなかったものが、脱毛をしてツルツルになったことでせき止めるものがなくなってしまいます。その影響で、まるで汗が増えたように感じられることがあるのです。
精神的なものが原因で分泌が増えている可能性も考えられます。シャツにシミができるのは困るという人が多いですが、それゆえに脱毛後に汗が増えたように感じると、脇が濡れてしまわないか過度に心配になる人もいるでしょう。そのような心理的負担は汗の分泌を促しますので注意が必要です。人は緊張状態にあると交感神経が活発になり、汗も出やすくなってしまうため、あまり気にし過ぎないよう心掛けることが望ましいです。

まとめ

実際の脱毛経験者の中には効果の高さに満足している人がいる一方、脇汗の増加で困っているという人も見受けられます。後悔をしている人が存在するのは不安材料とも言えますが、ただ多くの場合は一時的な体質の変化に留まりますので、それほど心配をする必要はないでしょう。とはいえ不便に感じている人もいる以上、施術を受ける前にはそうしたリスクの存在を念頭に置いておくことが大切です。